たそがれ時のこいきなやつ等

祝・9/9で3年目を迎えました☆いつも見て下さりありがとうございます♡70年代~80年代の様々な物事を思い出し、それを延々と好き勝手に記録するだけのチープでカオスで趣味が合わないふたりの備忘録的ブログ。現在、昭和を代表するにふさわしい方々を2人の独自の視点から【たそがれ時タレント名鑑】として記録中の日々。コメントもお気軽にどうぞ←難しい質問はNGですw

これは名画 ka-saセレクト

2004年 ポーラエクスプレス

ああそういえば。。。
昨日もクリスマス特集を勝手に
ひたすらwやっているわけですがw
ポーラエクスプレスって以前
これは名画のカテゴリーに記事を
出していたと思っていたのですが
違いました。まだでしたw

ロバートゼメキス監督の凄い素敵すぎる
名画です。何百回も観ております。
特に毎年12月は臨場感に溢れて
妄想しやすいですw
オリジナルも日本語吹き替え版も
交互に必ず観てしまいます。

3C3CA5D2-98E0-42E9-838D-1FDCDDCBE61C

オリジナルは1985年の絵本。
日本では1987年に「急行 北極号」という
邦題で絵本となっています。
0B65324B-1550-469B-A358-361124D21323

やはちこの映画もスノーマン同様
電気を消して、出来れば大画面で
観ることをお勧めします。



 トムハンクスが一人で五役やっているのです。
日本語吹き替え版では唐沢寿明さんが一人で五役
やっています。

この主人公の少年も
スノーマンの少年も
つまりはそういうことかと
映画を観ると、みんなそれぞれの
答えが出てくると思うのです。

色んな仕掛けが楽しいのと
サンタの住む北極点の町は
エルフが日々働いているのですが
誰もいない街並みとか路地の描写が
やけにリアルでトラウマになりそうな
一人ぼっちでここに残されたら、、、
と子どもだったら、夜人知れず泣いていた
と思います。
1番印象に残る怖い場面は
狭い路地で誰もいないお店の
レコードプレーヤーから
針が飛んでいて同じ箇所が
何度も繰り返されているところ。

何が怖いって誰もいないってとこですw
1970年代にこのストーリーは
知っていたかったなあ。
もっとクリスマスとサンタの秘密が
わかったろうに。 

またポーラエクスプレスも
スノーマンも日本と違い、やたらと
サンタさんは居ると、、、。。。
信じ込ませようとする、そして何故か介入する親は
居ない。

日本はどうだろう。
サンタ イコール 結局は同一人物的
アピールが全面に出てるw特に昭和の親。

外国は完全に子どもだけの妄想世界。
だから客観的に見てる親の位置もちょうど良い。 
12月は多忙ですが、自分の時間の確保は
忘れません。 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

1991年 満月MR.MOONRIGHT 【邦画】

1991年はもう28年前になるんですね。
陸奥A子先生の漫画
「冬の夜空にガラスの円盤」は明治時代から来た
中原徹太郎さんでありましたが、そう、、
この満月MR.MOONRIGHTという映画は
はるか300年前の松前藩の武士が
現代の北海道にタイムスリップして
やはり案の定、淡い恋に落ちるのでありました。
時の女性で当時引っ張りだこでしたね。
原田知世さん。
武士は時任三郎さん。
※画像は拾い物です。
1496C78A-B515-45F1-A7E2-EA39969E1446


不揃いの林檎もそうだった。なんか全てそうなのですよ。
私は時任三郎さんの顔は実は苦手な顔なんですね。
唇が厚いからなのか?なんというのか
ダメなんです。中井貴一派なのでw
(高校時代好きだった先生に似ているw)
1D7894A4-77D0-4A56-A013-0DFFE1558C3B

その他観るドラマ、映画と良く時任三郎さんが
出てくる。うーまた出てる!と思うんです。
なんか河童みたいだといつも思っていました。

そして観るもの全て毎回感動させられるwww
という事を延々繰り返している私は
結局はファンなのか?
というか時任三郎さん演技がいい。本当に
不思議な人だ。
何故ここまで惹きつけるオーラをお持ちなのか。
いま白髪になっちゃったねえ。
いや白髪が素敵ですよね。うん。
 BB7E9DD5-4B30-4B06-BA18-ECB8A62DB31F



という原田知世さんのヘアスタイルも
まさに1991年ぽいね。
懐かしいおすすめ映画でした。 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

1984年 小さな恋の物語アニメ化

小さな恋の物語は1970年代に
岡崎友紀さんと沖雅也さん主演で
ドラマ化されていますが、うろ覚えなのですが
1978、9年あたりだったかなあ?
映画化の広告を見た記憶があるのです。
キャストオーディション一般公募していたと思います。

でも映画化はされなかったんです。
しばらくしてアニメ化されると聞いて
震えが止まらずw

うちにビデオデッキが来たのは
SONYのベータビデオというもので
まだ小さな恋の物語のアニメの時は
残念ながらなくて、永遠に瞼の奥に
焼き付けるかのように観ていました。

チッチの声が伊藤つかさちゃん。
サリーの声が声優の古川登志夫さんでした。 
お気に入りに登録させていただいてます。
1、2、3、4、5と分かれています。


長年の愛読者として、ストーリーも漫画に大体
あっていて泣けてきます。
漫画では、チッチが野球部の練習を見ていて
時々出くわす男子生徒。ラブレターを渡す時
勘違いされてしまうのですが、アニメではトン子の彼
山下くんになっているんですね。漫画では
誤解に誤解を生んでしまい、あげくサリーに
人の彼女に興味はないと言われてしまったり。
懐かしいなあ。文学少女の中原さん。
スミレの彼女。あ、最初の頃はバレー部のキャプテンもいたなあ。
スミレの彼女には本当につらくて泣かされた涙
853D641F-C1DD-45D4-9CC0-E5A81D2D2B66
※画像は拾い物です。
いいなー!聴いてみたかった。

今だったら、サリーの声はどの声優さんかなあ。 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

2005年 タナカヒロシのすべて【邦画】

FCDB0F55-2665-40F1-BC84-41233F03A503

鳥肌実という人が好きなんですが、この映画は
カツラ工場で働く人の地味で波乱要素も含むという
多分よくわからない映画。

でも、カツラ工場の従業員に
お元気な時の昭和のいる・こいる師匠 も出てくるしw
音楽は実は白井良明(ムーンライダーズ )だったり。
クレイジーケンバンドだしと。

全てにおいて地味な不思議な映画で
とても好きでした。
A50FD636-6488-429D-890C-4E7F3DAB7E7B
ゲラゲラ
 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

1978年 拳精〜マグダラのマリア【香港電影】

昨夜大阪のだらさんと香港映画のコメやり取りの中で
香港電影工作室というワードを出したのですが 、
香港映画の最初に出てくるやつです。
1084241D-302C-43C3-A628-C508A1BCA9CB
C7566062-142A-48CD-80E2-540974BC24AA
ちょっと漢字のマジックで格好いいんですよ。この響きw

1978年に弟と2人で買ったレコードです。
D303A90C-FCD6-4115-AF75-0C69480542E5

当時はGメン75の香港空手シリーズに夢中でした。
弟は更にチャレンジャーで、中国拳法を習いに
都内に一人で小学生3年か4年で通い始めてしまうほど
熱の入れようでした。

私は倉田保昭に夢中でした。
そこに、新しい風、正統派というよりは
お笑いの要素もあり、格好いいジャッキーチェンが
現れたのです。
もう兄弟で夢中でした。


マグダラのマリアですwww


A面チャイナガール
B面マグダラのマリア

完コピ出来るほど聴きましたwww 

大阪のだらちゃんは、レスリー・チャンが好きだったと
言ってましたが、私も好きでした。
なので、突然の訃報には耳を疑いました。
素敵な俳優さんだと思っていたので無念です涙

3FE2818A-0732-4759-B1DE-421D83508481

もう1人は金城武と言ってましたので、あげておきます。
CDEE18A5-328C-4053-BDA8-D804F1C493BA

私はチャウシンチーが好きでした。
4003B5A5-3692-4C07-9359-812C99A7290E

でも、やはりチョウユンファなのです。
以前ブログにもアップしましたが
本当に惚れました。
7A94CE92-2E37-48E9-A7A9-EB9605366E21

あー格好いい。本当にヤバいwww
昨年は動画サイトHuluで配信されていたので
何回も観てましたwww



というわけで、韓流にはハマらず
香港電影がLOVEです。

本来は陸奥A子とかメルヘンチックな
可愛らしいものが大好きなのですが
こう時々、血みどろ流血なものが
体内に((((;゚Д゚)))))))


それで、ちょっと中学生の頃映画のチラシを
集めるというのも、何気に流行しており
映画というのは、ビデオも一般的にはまだまだ
だったので、娯楽としてメジャーだったのです。
映画好きなクラスメイトは
クリアホルダーを買って入れていくんですね。

先日話題になったがんばれタブチくんの
落書きが残っていましたwww
これは中学校1年か?
文字もこういう字が流行ってました。
懐かしいwww
B28A97E0-75BD-44E5-A823-B04A25E00304

1413503B-E195-440A-ACF0-70522FBA6EC9

アメリカに進出ということも凄かったし
映画を観に行きワクワクしたものです。
スクリーンとかロードショーという雑誌も
買っていた時代でした。
1C303437-85E3-4BE2-B6E6-5D50C98A52A6
6DB013E8-A9ED-4A0A-A683-38FEC434A319


つづく。
 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

昭和のリバイバル映画 ある愛の詩〜男と女【洋楽・恋愛】

愛とは決して後悔しない事。

昭和の中学時代ものすごく
クラスの友人らと流行っていた台詞です。

明日のためにその1〜同様・・・w 

1970年アメリカの映画「ある愛の詩」を
小6の頃TVの何とかロードショーで観ました。
思春期に差し掛かる頃の衝撃はそうとうなもので。

同時に百恵ちゃんの赤い疑惑というのもあり
RH マイナスやそれに付随する病について
子ども心に真剣にやるせない思いでいっぱいでした。

中学時代になると、その続編が1978年公開。
その前にリバイバル映画で、ある愛の詩が上映されており
1度映画館で観ておきたいと友だちと観に行き
号泣した記憶があります。
127DDA81-CC61-4F15-86FD-42E2780051AD
当時は映画を観に行って気に入った作品は
パンフレットを買って帰るのでした。
家に帰って夜、こっそりとパンフレットを
眺めながら「ああ、、、良かったなぁ」なんて
回想してみたり。当時はビデオもDVDの存在も
ないので何度もこのシーンを繰り返し観ることが
出来ず、脳裏に浮かぶ記憶を辿るしかないのでした。
多分リバイバル映画だったけどパンフレットは
1970年当時のものだったようです。
D76E1925-A4B9-48BD-9360-DED1BC811108

続編は映画公開と同時に観たと思います。
当時ライアン・オニールは格好いいと
友だちと言っていました。
D251AD62-92D9-4471-9161-5D35B9C5A139
C9237DB8-16B3-4782-81F5-0B57EC6E3059
単館上映は今ミニシアターと言うんだっけ?
シネコンとか呼び方も変わりましたね。

あと中学時代になると映画の原題と邦題の違いに
ギャップを感じたり。

フランシスレイが更に涙を誘うんですよ。
(/ _ ; )
本当にフランシスレイって何でしょうね。
ものすごく素晴らしくて。

ここで何度も記事にしているので
男と女に関してはチョットだけ。
(男と女は私のベスト3に入っている)
リバイバル映画で観たんです。確か。
3C1ED430-3A70-4CC3-872C-1BF0C8DAD825
ECF91BD1-13E7-420B-9214-427AEF70EF38
パンフレットも当時のものの復刻版。
この映画も続編になりましたが
凄く良かったです。



よくそんな古いものを残しているね。と
時々言われるのですが、このパンフレットは
あえて残してあるけれど、その時々にちゃんと
お掃除断捨離をしていないので積み重なり
こういう結果になるのです。
今はようやく何もない部屋は無理ですが
どうすれば物を捨てられるかという
日々に変わりました。




 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

1987年 バグダッドカフェ【洋画】

西ドイツの映画だった。日本公開は
1989年。パーシーアドロン監督の
世界・視点からの映像があまりにも
幻想的と日常のリアル感が織り交ぜられ
音楽と映像と役者という三位一体感が
本当に申し分ない映画だった。
0F51E24C-9B9B-4349-8281-79FA8C2BB42E



このラスベガス近郊の砂漠に行ってみたいと
良く思っていた。


寂れた感じのドライブインと
寂れた感じの虹とか夕映えとかの空。
特に夕映えの中ブーメランを飛ばすシーンは
ブーメランのビュンビュンいう音と景色の夕映えが
大スクリーンでみると怖いほど素敵すぎて
言葉もいらなくなる。
何度見てもいい。
そしてこのシーン。号泣ではなくて
シューってポロって涙が一筋流れていくという
静か泣きになる。言葉なんかいらないという事が
よくわかる。全体的に淡々と描かれている。
F8162A7E-FD21-4F1B-A5A0-4610A0A35D2E


コーリングユーという曲が流れるので
更なる幻想的な怖さが素敵なが増す。
ジェヴェッタスティール当時物凄い
流行した。



本家ボブテルソンのコーリングユーもいい。

当時のシングルCD は何か長方形のを
正方形の透明なケースに入れたりしていた。
アダプターを使いw
85CD16DB-F726-4C95-AAA9-568B58E54D78


E27FB636-CFED-4372-B841-E0A9C96BE6E8



DD0CA9C7-2566-42E1-ABD3-CC80D8C63636

パンフレット。
7274A8E7-899C-4093-A7DE-C0AC5337D460


つづく。
 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

2000年 オーロラの彼方へ【洋画・名画】

B24479AA-D8D6-4C7C-AE30-214B93610A70

随分前の私ならばフィールドオブドリームスと
言ってたかもしれない。勿論何度も観てはシューレスジョーで
泣いたものだが、このオーロラの彼方へは
私の中でフィールドを抜いてしまった。
何10回と観たろうか。泣く場所も決まってる感じでw



現題は高周波とか周波数のような感じの
意味合い。

映像と音楽とかすごく幻想的でレトロな雰囲気。

 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

2005年 この胸いっぱいの愛を【名画・邦画】

平成も終わりになるのか。
子どもの頃、祖父母が
明治・大正・昭和と3つの時代を
生きていて物凄い歴史ありと思ったが。
(自分もそうなるのかw) 

2005年に公開された邦画。
「この胸いっぱいの愛を」
31388576-9509-4707-AC8E-C7888D9A28C7

私は劇場に3回観に行っては号泣。
後にDVDでまた号泣。
ネットでも配信された時には
観る前から涙ががが、、、。



思えばこの映画の舞台は
数年前に旅行した福岡門司なんだよなぁ。
本当に門司と言うところは私にとって
魅力的で初夏にもう一度訪ねてみるのが夢。

この映画は小説もあり、こっちは
ハッピーエンドなのだが、 映画はそうは
いかないのであった。

タイムスリップものが好きな方には
オススメだと思う。 
特にあらすじなどは記さないけれど
たそがれ時名画認定。 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

トニー谷の映画 馬ッ鹿じゃなかろかの巻【家庭の事情シリーズ】

1954年の作品。主演トニー谷
監督 小田基義
7F48ADBC-E5A8-45C8-87C2-E7DF549098BF

昭和時代は古い日本の喜劇を
テレビでよく再放送していました。
子供の頃はクレイジーキャッツや
喜劇駅前シリーズを本当に良く
観させられたものです。
というか私の父親が
「これが面白いんだ」というお墨付の
言葉とともに解説も始まり
当時はテレビ1台しかないし
結果みんなで観ることになるというパターン。

おかげで昭和レトロが好きになり
とりわけクレイジーキャッツの映画では
昭和の車やファッションに釘付けになって
行きました。中でも昭和の名車は未だに
憧れています。
昭和の喜劇に関しては相当父親から
教え込まれてますw
例えば
あきれたボーイズのお決まりのセリフとか
メモしておくといいと言われたりw
世の中の役に何も立たない事ばかり。


昭和の喜劇人として
以前もここで「さいざんすマンボ」と
トニー谷の記事を書いたのですが

どうしても忘れられない喜劇映画の中に
家庭の事情 馬ッ鹿じゃなかろかの巻が
あるのです。

高校生くらいの時にテレビで再放映されて
いて
たった1度しか観ていないのに
鮮明に所々ですが私にかなり強いインパクトを
与えています。

まず父親が最初に簡単なあらすじをw
教えてくれるんですが私と
ツボは同じですw

粋な喜劇の代表作だと思います。
完全に今で言う
引き寄せwサクセスストーリーでw
劇中主人公トニー谷演ずる
戸仁井谷夫←この名前が出た段階で合格。

恋人がいて将来結婚したい。
でも住宅事情が困難な時代で
夢のマイホームに向かって
一生懸命コツコツではなく
努力してという苦労人情話でもなく。

全てが行き当たりバッタリで
変なトラブルに巻き込まれつつも
結果夢のマイホームをgetしてしまうという。

トニー谷がスリ集団に身ぐるみ剥がされ
白のランニング肌着1枚となり
おまけに彼女も誘拐され

慌てて追いかけたらマラソン大会に
合流して結果1位で賞品が家←ここまでの
流れですでに抱腹絶倒。

でもこれはフランキー堺じゃダメだな。
トニー谷なんだよなあと思ったんです。

結婚して賞品のマイホームに住む段階で
鉄道が通るので区画整理立ち退きに
巻き込まれていく。

トニー谷のアイデアにより家を半分にして
結果、その間を電車が通過していく。
食事も睡眠も列車通過www
このやり取りの笑わせる事と言ったらwww

もう一度観たいなあ。

おまけ
今日のさいざんすマンボは
宮城まり子とのデュエットバージョンです。
特になんというか
宮城まり子の歌い方が怖いです。




余談
そういえば私の祖母が
お笑い番組とか観ていると
笑いながら「馬ッ鹿じゃなかろか」と
たまーに言ってた事を思い出すんです。
この映画は庶民に浸透してたんですね。




 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆