たそがれ時のこいきなやつ等

祝・9/9で2周年を迎えました☆いつも見て下さりありがとうございます♡70年代~80年代の様々な物事を思い出し、それを延々と好き勝手に記録するだけのチープでカオスで趣味が合わないふたりの備忘録的ブログ。現在、昭和を代表するにふさわしい方々を2人の独自の視点から【たそがれ時タレント名鑑】として記録中の日々。コメントもお気軽にどうぞ←難しい質問はNGですw

昭和のプロレス・大相撲呼び出し・スポーツ全般

1975年 ジグソー 【スカイ・ハイ】

1977年シングルレコードを買いました。
なんか今でもこの曲を聴くと
マスカラスが颯爽と登場するあの思春期の
わくわくする気持ちが、この年齢になっても
一瞬で蘇るんですね。曲自体も格好良かったし。
イメージ的にも本当にマスカラスにぴったりだったですね。

※お気に入りに登録させていただいてます。

子どもの頃からお茶の間でプロレスを観る家庭だったのでw
親が観ていると自然に興味関心湧いて来まして
プロレスネタはこのブログに何度も出るので
省略していきますがw
相方のさえさんが子ども時代に所属していた
私設UFO研究会のように、私の場合は
プロレス仲間という数少ない(3人)高校時代おりました。
クラスがバラバラで時々廊下に集まって
記事を交換したり、プロレス談義をwwwしたように
記憶しています。詳しくは忘れてしまったけれど。

男子1名と女子2名。
女子の友人は長身の美人でした。
ドスカラスの大ファンで追っかけをする
高校生w

私は何度も書いていますが、ジャイアント馬場さんの
当時付き人で前座レスラーの大仁田厚の大ファン。
後にジュニアヘビー級のチャンピオンになるんですが
まだ無名。プロレスの雑誌もゴングとプロレスの二冊は
買い特にジャイアント馬場さんのカラーポスターや特集は
馬場さんの背後に大仁田さんが居るのでラッキーでした。

A1FAF62F-FE5F-49D2-B278-AAA8E81D356D
これはその当時、ドスカラスの写真を撮る際に
たまたま大仁田が居たよと友人が後ろ姿をくれたのですが
いや、もうこれで幸せでしたwww

大相撲の逆鉾さんの訃報
お若いのに衝撃的でした。
だらちゃん元気出してくださいね。
合掌。
 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

1980年代〜長与千種のこと。

ふっと忘れかけるとニュースなどで
長与千種さんを見かけます。
大仁田とのタッグとか
マーベラスという女子プロレス団体設立とか
ここ最近は喧嘩の仲裁で自身は指の怪我を
してしまったが相手には手を出していないとか。
1980年代からこうして振り返ってみると
やはり長与千種さんはカリスマなんだなあと思う。
特にクラッシュギャルズのファンではなかった。
ただ女子プロレスも新しい風が吹いてきたなあと。
新しい事に挑戦していく姿ってなんかいいんですよ。

5F1C87D4-CD46-4561-8F68-E98DB68B56B2


歌が凄く上手いのも好き。
しかしV3はどうしてこうも
格好いいのかなw

この子格好いいなあ。
女にしておくのはもったいないくらいだと
思った事があったよ。
女から見て格好いいと思う。
素敵な事だよね。
物凄い刺激になる生き様だと思う。
自分がやりたい事を
とにかくやっているんだ。

いつまでもカリスマであってほしい女性だよ。

075744C2-FF85-43A2-AB36-E9228FC9C36B







 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

1970年代〜覆面レスラーに関すること。

このブログに時々登場する昭和のプロレスラー記事。
今回は覆面レスラーについて
いつものごとく詳しくないけれど回顧録です。 

日本では1970年代にお茶の間の
人気者になったデストロイヤーが有名ですが
この写真は全日ファン感謝デーのスナップで
氏はサービス精神が半端なくフレンドリーでした。
当時は子どもの私でしたが目の前に進んで
歩み寄ってくれました。
 90A2DBA9-806B-41FD-81AC-FD3329772B0D

覆面レスラーについては当時の情報網が数少なく
中継、ゴング、週刊プロレスなどでしか
詳細をわかるよしもないという。

メキシコ、ルチャ・リブレというらしい。
トペって凄い。そういう単語も覚え始めました。
また、メキシコといえばグラン浜田だという
ささやかなる知識。
大体が若手のレスラーが海外遠征や武者修行に
出向く際の記事で取り上げられるのを注意深く
見ていました。

1970年代後半からはミルマスカラス&ドスカラス兄弟が
一世を風靡しましたね。
空中殺法とか日本には無かったスピード感に溢れ
格好いいなあと思ったものです。
20194415-CC6F-44B3-9AEB-2E612838DEDB

そして覆面の中を見たいと言う欲求と妄想www
マスクの個性的なデザインも魅力的ですが
いつも中身はどんな顔なのかという妄想が
楽しかったのです。

漫画やアニメでも人気者となったキン肉マンも
私は結構好きだったんです。
とても良い話が多く割と泣いていました涙
主人公のスグルは実は相当のイケメンという
フレコミで相当な思いで見たいといつも思って
いました。
E80E7712-F10A-43F1-BD26-C8859B076006
0EEF6429-5C70-4AC4-8DB6-73C3DDDBA57C
90138B05-EEC3-4B16-8163-CA2FF4D355B7
B51BD745-0BC9-4026-8B08-19E6DBB7C232
この素顔というのは半分公式というもので
実際に想像してイラストレーターさんが
描いたものに、作者ゆでたまごが手を加えているもので
発表された頃は衝撃的でしたwww
正式ではない所が、まだ妄想出来るので
ロマンありです。
09210C7A-E76C-4387-BB51-60F32D8C9362

 日本のプロレス界では1960年代に
当時のストロング小林が
覆面太郎というリング名で登場したのが
マスクマンの始まりだとか。

いまだに覆面というものは気になる存在で
特にこの方々がそうとう気になる今日この頃までも。

B65B3CEE-E5D3-4D53-A5C8-4EE150E69A9D
ADF3B984-757E-401D-B570-E090FEEFBA81

 つづく

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

たそがれ時タレント名鑑119 ヘイスタック・カルホーン【プロレスラー】

たそブロでは応援に力を入れている
アンドレ・ザ・ジャイアントの存在が
最強なのだが
ここでどうしてももう1人
忘れられない外人レスラーがいるので
紹介しますねw
昭和の子ども時代1975年あたりから
地味な凄さで有名な(勝手に)
国際プロレスという
全日でも新日でもない団体で
東京12チャンネルで放映されていたのを
毎週楽しみにしていた。
ヘイスタック・カルホーン
87438C6C-7C62-499B-BB2A-EDA96DD4205D

好きになったきっかけは斬新さだろうかw
当時金網デスマッチとバトルロイヤルをテレビでやってるのは
国際プロレスだけだった。
金網デスマッチの衝撃、凶器の使い放題は
子ども心に衝撃だった。
全日の試合は時々後楽園ホールまで
観に行っていたが、(主に前座のバトルロイヤルで
大仁田さんを観るため)
のちにバトルロイヤルのテレビ中継は新春ジャイアントシリーズ
の中で観れるようになるまで放映はなかった。
 
国際プロレスのバトルロイヤルは
最高に楽しくて、中でも
ヘイスタック・カルホーンという外人レスラーに
アンドレ同様、弟と私は釘付けになった。
なによりも大男そして必ずオーバーオール姿w
2B51B511-6CF0-464A-9ED4-9BE568E19478

バトルロイヤルでは開始後1分たたないうちに
必ずもうお決まりみたいに
「ヘイスタック・カルホーン退場」と
言われれしまう。
プンプン怒るカルホーン。
オーバーオールのカルホーン。

当時の小学生にはそこがツボで
お腹を抱えて笑ってしまい
アンドレと、ともに愛着のあるレスラーだった。
8AEF728F-0717-44CA-ACDC-1890882AF917
※画像は全て拾い物です。

日本では「人間空母」とか「おばけかぼちゃ」だのと
呼ばれていた。
元々は農夫だったようで馬蹄のペンダントも
小粋であった。 
しかし巨漢ゆえ食生活がめちゃくちゃだったろう。
糖尿病が悪化して足を切断という最悪な展開から
さらに55歳と言う若さで亡くなった。
アメリカ出身である。

子どもたちにとっては人気者で
彼はこう紹介されていた。 

朝食はバケツ一杯の茹でジャガイモを食べる。
牛乳は2リットル飲むと。

アンドレとヘイスタックコンビwww


こんな貴重な動画が観れて幸せです。
ありがとうございます。 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

昭和のイケメン力士パート2【たそがれ時認定力士】

たそブロは相撲についても若干触れて
おりますが、寺尾と克之。
この2人はたそがれ時認定力士&呼び出し
と命名したいと思います。
私の場合は、呼び出し克之さんを観るために
相撲に注目していたのですが
その中でも寺尾につづくイケメンと
当時感じていた力士のみなさん3人を
ご紹介しますw
現役と親方画像は拾い物です。

【琴ノ若】私は当時彼をジゴロと
何故か呼んでいました。
C850C996-FDB3-4CEB-8032-E4E7D08FFE73
2A6EAE33-9F14-4A6D-90AC-0018C3E0C1AC

【霧島】

  B3BD4FF6-F7DF-4BEA-B0B0-ED6B938718FD 1940EBBC-B1AC-4A16-93D0-8763C196E4EE





【旭豊】
A5BF73BF-5553-44EC-B4F4-EE6E2C6BD474
DA38201B-AC5E-45CD-944A-3E74C8B9CD01

 以上ですw




にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

これより三役(昨年の9月場所にて)

呼び出しかつゆきの音色に
注目してください。
 
相撲の楽しみといえば力士だけではない。
懸賞金の旗、呼び出し、場内アナウンス
そして何より千秋楽のこれより三役です。
これより三役の拍子木を叩くあの人が////////////
※たそがれ時のこいきなやつ等では
呼び出し克之を応援しています。

 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

1970年代ビューティペア

若気の至りのちょい前の小学生の一過性な至というか。
幼馴染とこぞって郵便局で申し込んだのが
全日本女子プロレスのビューティペアFC。
ビッグマンモスFCの次に入ったw
会費は一ヶ月300円と記載されているので
小学生でも入れたんだろう。
ただ私はどちらが好きだったのだろうか?
全然覚えていない。その後クラッシュギャルズが
流行した頃はファンではないんですが
初期の長与千種が格好いいなあと思い
ともだちになりたいなあと。
特に毎回テレビで追いかけていたわけではありません。

話は戻して

FullSizeRender
FullSizeRender
中2くらいまで女子プロもよく見ていたし
今でも覚えているのは中学の体育館にマットが
敷いてある時何人かでプロレスごっこをやったw
なんだか格好良かったんだよなあ。当時は。
新人テスト生とか格好いいなあと憧れていたり。
で、「かけめぐる青春」
歌は今聴いてもお世辞にも上手だとは言えない。
だけどこの曲好きでした。
よくモノマネもしていたなあ。BOX踊りながら歌いw 
 
sim



追記
千種さんの歌唱力すごいね。
さすがカリスマ。惹きつけるね。
 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

1970年代のコスモスガチャ【昭和のプロレス編】

プロレスラーのコスモスガチャもあった。
探したら数個だけ出てきました。
一応こんなのもあったということで。
DSC_2305-1
DSC_2306-1
20140917njpw1
特に消しゴムとは関係ないが出しときますw
さらには・・・
6badcfbc
ヘイスタックカルホーン
どうしてオーバーオールなのか。
国際プロレスのバトルロイヤルで
張り切って出てくるものの
10秒くらいで
「ヘイスタックカルホーン退場」
とリングアナされてしまう。(毎回)
それを笑う。憎めない。懐かしい。
 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

全日プロレス1970年代の社長他2名スナップ

お正月といえば新春ジャイアントシリーズ。
後楽園ホールに通ったものです。
数枚のスナップ写真が出てきました。
もちろん全て前座若手時代の大仁田さんを
写すための撮影。(前回大仁田記事参照)
DSC_2305-1
社長の馬場さんとジャンボ鶴田。若いねw
そしてこの人。懐かしいです。
DSC_2306-1
デストロイヤーさん。ファンに対してサービスが上手。
こういう昭和な人は貴重です。

では新春バトルロイヤルをどうぞw
懐かしい顔ぶれです。かつて国際プロレス
だったあの選手もこの選手も。



 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆

たそがれ時タレント名鑑079大仁田厚の前座時代【プロレスラー編】

全日時代の大仁田厚選手の件です。
青いパンツで包帯ぐるぐる流血
のイメージと切り離してご覧下さいw
当時は全日本プロレスの中で社長である
馬場さんの付き人をしていた。
プロレスは毎週見ていたんだけどいつの間にか
リングの外で見かける顔。あ、またいる?誰?
から始まった。そこからだんだんときめいていく。
名前も何もわからない。情報としては馬場さんの
付き人っぽい。前座レスラーっぽい。そのくらいでした。
なぜか私はファンレターをしょっちゅう出していた。
とりあえず馬場さんの試合は欠かさず観る。
またプロレスの雑誌も馬場さんの記事を集めた。
今じゃ結構貴重だよw
DSC_2306-1
こんな感じですwwwwwね、いるんですよwww

DSC_2307-1
誰もが感動するシーン、ほら左にねwww
次の記事なんて大興奮。ブッチャーありがとうもんでしたwww
おかげで大アップの大仁田厚wwwww
DSC_2309-1
だんだん雑誌で取り上げられるようになってきた。
当時の全日若手三羽烏。渕さん、越中さん、大仁田。
世田谷で合宿生活をしていた頃の今では貴重でしょ?www
DSC_2308-1
高校生になりプロレス仲間ができた。とはいえ他クラス合計3人。
1人は男子。もう1人は女子でドスカラスの追っかけをしていた。
今思えば不思議なトリオだった。時々記事を交換したりした。
ゴングとプロレスの記事を交換するという感じ。
その仲間はプロレスのみ。
DSC_2305-1
高校生になると彼はジュニアヘビー級のチャンピオン
となりだんだんスターダムになってきた。
それ以降の大仁田さんはみなさんご存知の通り。
DSC_2304-1
プエルトリコ遠征の時に私が作ったお守りを持って行ったと
手紙にありますがw当時は感激したものです。
ハガキもくれたなあ。サインも書いてあった。
前座バトルロイヤルも後楽園ホールで観たよ。
純粋に好きで純粋に応援してた。
有名になる前の大仁田さんが好きだった。
高校生の時もファンレターは出していて
応援していたのでたまーに電話をくれたんだよ。
応援ありがとう。って。
(だってまだ無名だからさ)
そうそう。チャンピオンになってから
三鷹に大仁田厚の店というスナックを
開いた。もちろん高校生だから行けなかったが
吉祥寺行きのバスに乗ると見えてね。
とても懐かしい思い出です。

 

にほんブログ村 芸能ブログ懐かしのアイドルへ1clickお願いします☆